陶器を長持ちさせる使い方としまい方


○商品が届きましたら

弊社におきまして、器の底をサンドペーパーできれいに磨いてから出荷させて戴いておりますが、最初に台
を確かめて、ざらつきが気になれば、サンドペーパーで磨いたり、別の器の高台とこすり合わせて、テーブル
やお盆に傷が付くのを防いで下さい。

陶器は磁器に比べますと柔らかく、表面に隙間がありますので、はじめに簡単なひと手間をかけることで、
器は使い勝手が良くなります。

鍋に器がかくれる位の米のとぎ汁(一番初めの濃い汁、又あれば、米ぬかを水にひとつかみ。どれも無ければ
水でも構いません)に、器どうしがぶつかり合わない程度に入れ、火にかけ、沸騰後、火を弱めて10分程度煮
して下さい。
(注:初めから熱湯には入れないで下さい。そして破損を防ぐ為にゴトゴト踊る程の強火にはしないで下さい。)

そのまま冷まして(急冷はさせないで下さい)、あとは水でよく洗い、充分に自然乾燥させてからしまいます。

こうすることで、土肌の目が米のノリ成分によって詰まり、汚れがしみ込みにくくなり、汁漏れカビ・シミを
防ぐ
ことができます。


       
○ご使用の度に(主に食器が対象です)

    できればその都度水に浸します。

         特に釉薬のかかっていない焼締めや、白化粧土をかけた器等は、使う前に水に暫く浸しておき、土肌の目に
            水分を吸わせておくと良いです。そして料理の盛り付け前に乾いたふきんで拭いてください。

         こうすることで、盛った料理の汁気、油、臭いなどが土の隙間に沁み込むのを防ぐこととなり、洗い易くなり
            ます。 そして、器の持つ土の味がより鮮やかに、つややかになり、料理を引き立ててくれます。

         使い終わった器はよく洗って、乾いたふきんで水分を拭い取った後、自然乾燥させるのがベストです。

         特に大きな器ですと、梅雨時などにカビを生やしたりしないために、よく乾かしてからの収納が必要となり
             ます。


     電子レンジへの対応について(主に食器が対象です)

弊社取り扱いの陶器類は、金や銀の金属を使った絵付けものは原則ございませんので、温め程 度ですと、まず心配は無いかと存じますが、油ものの温めで100℃を超える場合は、陶器中の水分が水蒸気により、割れてしまうこともあるようです(特に焼き締め陶器(弊社取り扱い商品では)に当てはまる様です。)
ただ弊社商品に多い釉薬物も、色が変色する可能性もある(これも温度によるかと存じますが)などとも言われており、定説がはっきりしていないのが実状です。
疑問を感じられることがございましたら、インターネットにて、‘陶器 電子レンジ’のキーワードにて検索して戴き、ご自身にて可・不可を確認して戴くことが一番かと存じます。

また逆に弊社商品で電子レンジご使用上何か異常が発生した場合、是非ご教示戴けましたら幸いに存じます。程度によりましては、同等品との交換もさせて戴きます。宜しくお願いします。m(_      _)m 


器を洗う時

器を洗う時は、なるべく大きなスペースを確保し、当たりキズやワレを発生させないよう十分注意してお洗い下さい。

洗い終わった器は、乾いた布巾で水分を拭い取って下さい。
そして拭う時にもキズを付けてしまわぬ様十分お気を付け下さい


収納時の注意

収納する時は、梅雨時などにカビを生やしたりさせない様、よく乾いているのを確認してからお収め戴きますことをお勧め申し上げます。



以上、何かご不明な点がございましたら、弊社担当の和田(098-868-7350)までご連絡下さい。