陶器 金城敏徳

陶芸 城 金城敏徳 (人間国宝(故)金城次郎 弟 金城敏雄 長男) 作品集

1933年 壺屋にて出生
1949年 16才に父敏雄の元で陶器の修業
1963年 壺屋にて独立
1987年 シーサー作りとして沖縄陶業で制作
1991年 沖縄県工業連合会優秀技能者賞
1992年 沖縄県庁シーサー1メートル65センチを五体作る
1998年 読谷村座喜味にて工場を設立
1998年 浦添市役所にシーサー1メートル70センチ二体作る

その他 安謝の卸市場 155センチ一体
    サンマリーナホテル 140センチ一体
    玉泉洞 140センチ二体
    玉城村役場 165センチ二体
    沖縄県工業技術センター 160センチ二体

    

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

2

  • 金城敏徳作 焼き締め地 龍巻き 按瓶

    金城敏徳作 焼き締め地 龍巻き 按瓶 [11]

    17,000円

    在庫なし

    サイズ幅20.5cm、高さ21cmの按瓶です。按瓶には、焼き締めの胴に、呉須と飴釉で染付けられた迫力のある龍が生き生きとした姿に盛付けられています。胴に、金城敏徳氏の‘敏徳’の…

  • 金城敏徳作 焼き締め地 龍巻きカラカラ

    金城敏徳作 焼き締め地 龍巻きカラカラ [1111]

    7,000円

    在庫なし

    サイズ幅15cm、高さ12cmのカラカラです。カラカラには、焼き締めの胴に、呉須と飴釉で染付けられた迫力のある龍が生き生きとした姿に盛付けられています。胴のお尻のところに、金城敏徳氏の‘敏…