陶器 金城秀義

金城陶器 秀陶房 金城 秀義(きんじょう ひでよし・人間国宝(故)金城次郎 弟 金城敏雄 次男 金城敏常 長男)) 作品集

昭和38年 那覇市壺屋町にて金城次郎氏の弟金城敏雄の孫として出生 。沖縄工業高校デザイン科卒業後 沖縄陶業入社。
昭和60年 明和物産陶器部入社(工場、授産施設おきなわ希望の家)。 陶芸の技術を習得する傍ら同施設の陶芸指導員として10年間勤務。
平成7年 南城市玉城字船越にて金城陶器秀陶房設立。
平成21年 南城市玉城字志堅原に工場移転(ギャラリー併設)。現在に至る。

【作 風】 壺屋焼、金城一門の伝統である魚紋・海老紋の線彫を得意とし、酒器、シーサー、花器、食器などを製作販売する
                                                (出典:金城秀義 陶歴)

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0