陶器 象嵌技法

象嵌(ぞうがん)とは線彫りの部分に白化粧土を入れて図柄を浮き上がらせる沖縄陶器(やちむん)の技法の一つ(現在のシリアがルーツと言われる)で、以下はこの技法が用いられた作品です。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0