陶器 飛び鉋

本土では九州の小鹿田焼でも見られますが、古くは中国の磁州窯で見られるという、沖縄陶器(やちむん)の技法の一つでもある、ロクロを回しながらの鉋による彫りが飛び飛びにデザインされる飛び鉋(かんな)文が施されている作品です。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0