陶器 人間国宝 (故)金城次郎 

重要無形文化財琉球陶器保持者(人間国宝) (故)金城次郎 作品

1924年 壺屋で陶器を習う
1946年 壺屋に窯場を開く
1955年 国展初入選
1956年 国展において新人賞受賞
1958年 ルーマニア国立民芸博物館に、抱瓶と魚文大皿が永久保存される
1963年 沖展創立十五周年にあたり、感謝状を受く
1967年 第一回沖縄タイムス芸術選賞大賞受賞
1969年 第四十三回国展にて会友優作賞受賞
      日本民芸館賞受賞
1971年 第一回日本陶芸展において白掛魚文線大皿入選
1972年 読谷村座喜味に窯を開く
      沖縄県無形文化財(技能保持者)に認定される
1977年 現代の名工労働大臣賞表彰される
1981年 勲六等に叙す
1985年 重要無形文化財琉球陶器保持者(人間国宝)認定
1993年 勲四等に叙す



金城次郎窯入口の看板です。(左) 
ここから木立の間を進んで行きますと、登り窯が見えてきます。(右)
この辺りは樹木が満足に生えない荒地だったそうですが、現在の敷地内の殆どの樹木は、次郎先生が直接植えられたものと言われております。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

4