琉球漆器(箸) 

 琉球の漆器は、14世紀の頃から作られていたと言われています。
 もともと、中国や日本の技術を習得しつつ、琉球文化の中で、更に独特の技法を生み出し、独特な琉球塗として成長したものです。

 琉球王府はあらゆる面で漆工芸に力を注ぎ、その1つに貝摺(かいづり)奉行所の設置があります。
 これは、琉球王府直営の漆器製作所で、専門の工人を数多く置き、互いに技術を競い合い、こうした中から技術的にも、芸術的にも高い水準の作品が生み出されるようになりました。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

1