陶器 (故)金城敏男

人間国宝(故)金城次郎 長男 (故)金城敏男 作品集

1936年 (故)金城次郎の長男として生れる
1951年 親元で作陶を始める
1957年 国展初入選
1972年 読谷村座喜味に窯場を移す
1973年 親元から独立
1977年 国展入選
1982年 沖展会員となる
1986年 県優秀技能賞受賞
1992年 沖縄タイムス芸術選賞、大賞受賞
2001年 伝統的工芸品振興功労者として、沖縄総合事務局長賞受賞
2016年 帰天



線彫りに集中される在りし日の金城敏男さんと、色付けをされる奥さん。作品完成の背景には家族の共同作業が欠かせません。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

3