香炉

◇香炉の使用法

■香木を焚く
1.香炉の8分目程まで香炉灰を入れる。
2.ライターなどで香炭(こうたん)に火をつける。半分ほど火がまわったら、香炉灰に穴をあけ、香炉灰の中に香炭(火種)を入れて灰をかぶせる。
3.火箸を使って、かぶせた灰の頂点から香炭まで火気を伝えるための穴を通す。
4.その上に銀葉(ぎんよう)を敷き、細かく割った香木を乗せて薫じる。フタは閉めずに焚く。
5.焚いていない間はフタを閉めて、置物やインテリアしてお楽しみ下さい。

■お香を焚く
1.香炉の8分目ほどまで香炉灰を入れる。
2.お香の先端に火をつけ、炎を消し、くゆらせる(煙るように燃す)。
3.灰の上にお香を置いて、フタを閉めずに焚く。
スティック型は灰の上に立てて焚く。
4.焚いていない間はフタを閉め、置物・インテリアとしてお楽しみ下さい。

表示方法: 写真のみ一覧説明付き一覧

0