仲村 勇作 触媒石鉱玉(小)100gセット [4]

仲村 勇作 触媒石鉱玉(小)100gセット [4]

販売価格: 1,080円(税込)

在庫数 1点
数量:

お酒を、飲料水を、お米を美味しくする、また生け花を生き生きとさせる、丸勇陶房(名護市)の触媒石鉱の玉の大サイズを、100gセット1080円で一枚目の写真の様な形で販売致します。

触媒石鉱とは、沖縄の特殊な陶土とミネラル磁気を放射するもので、泡盛飲料水料理生け花等の品質向上に効果を発揮します。

泡盛
ですと古酒の様に口当たりがまろやかになります。
飲料水まろやかになります。

ぜひ、お確かめ下さい。

<ご使用上の注意>
・ご使用になる前は軽く洗い流して下さい。
年に一度米酢の原液に3時間つけ、その後水洗いし日干しを一日しますと半永久的にご使用頂けます。
・小さな玉ですので、お子様の手の届かない所に保管して下さい。

 


2、3枚目の写真でおよその大きさをお確かめ下さい。

径は0.5〜1cmです。

基本、レターパックによる発送とさせて頂きます。


商品詳細

仲村 勇 プロフィール  1976年 沖縄県優秀技能者賞受賞。 1983年 宮古焼の基礎作りに貢献。福祉施設等での陶芸の講師、講和現在に至る(若夏学院)。沖縄県陶器事業協同組合専務理事(至1986年)。 1984年 沖縄県工芸産業振興審議会専門委員(至1986年)。 1986年 触媒石鉱と遠赤外線のセラミックを開発。 1990年 日本陶芸協会入選。 1994年 現代日本美術協会会員。 1995年 琉球焼事業協同組合副理事長(至1996年) 。 現代日本芸術協会々長藤田万吉「苔天緑約窯釉窯変大皿」で大賞受賞。 1996年 現代日本芸術協会理事就任(至1999年)、現在正会員。琉球焼事業協同組合理事長継続。現代日本芸術協会会長賞受賞。 2000年 理事長退任現在理事に至る。サミットプレス会館にて、シーサー作りの実演をした。 2002年 触媒石鉱商標登録。 2008年 英国大英博物館へ「苔天緑金窯窯変抱瓶」現代文化協会より収蔵決定報告を受ける。陶芸四十周年作陶展(名護市民ギャラリーホール)。 2009年 大英博物館収蔵記念作品展(名護市民ギャラリーホール)。NPO法人国際芸術家協会会員。名護博物館へ「嘉瓶」(離島の情熱)贈呈。英国大英博物館「苔天緑金窯窯変抱瓶」収蔵。NPO法人国際芸術家協会より表彰状を受ける。

他の写真

  • 触媒石鉱の効果、使用方法につきまして、画面を拡大してお確かめ下さい。
  • お酒は触媒石鉱玉を入れた徳利等に入れて15分置いたあと、ぐい呑み等でお飲み下さい。
    ※こちらの画像の玉は(小)です。
  • 飲料水用としましては、水タンク・やかん・ポット・水差し等に入れてお使い下さい。

    生け花にも効果を発揮しますので、花瓶等にもご使用下さい。

    お米の上に置いて炊きましてもふっくらとおいしいご飯が炊けます。

    ※こちらの画像の玉は(小)です。